採用特化の社労士が解説!
第2回Indeedの求人掲載方法は?

今までにない仕事の探し方として注目されている求人検索エンジン。インターネット上にあるさまざまな求人の情報が、網羅的に検索・表示が可能となるサービス。

第2回は、「Indeed」にどのように求人が掲載されるのか、解説していきます。

 

社会保険労務士の小栗多喜子です。

「Indeed」に掲載する3つの方法

社労士の小栗です。
indeedに掲載する方法は3つあります。

「Indeed」に掲載する方法は、以下の3つの方法があります。

  1. Indeedのフォーマットに沿って、直接、Indeed上に投稿する
  2. 自社の採用ホームページを、Indeedにクローリングしてもらって表示する
  3. 他の求人サイトに掲載する

ここでは、それぞれの掲載方法について解説していきます。

直接Indeed上に投稿する

Indeedサイトのフォーム(https://jp.indeed.com/)から入力していくことで、直接、求人情報を投稿することが可能です。

★直接投稿したほうがいいケース
・自社ホームページがない、もしくは自社ホームページが古い自社のホームページを制作してから、かなり時間が経っているとか、サイトのデザインが古い場合など、応募率が下がる可能性もあります。

・自社のホームページがスマートフォンなどモバイル端末に対応していない

Indeedの利用者の多くは、スマートフォンからのアクセスとなっています。自社のホームページがスマートフォンに対応していない仕組みの場合は、効果が下がることになりますので、モバイル端末に対応しているIndeedに直接投稿したほうがよいでしょう。

【直接投稿するプロセス】
アカウント作成画面から、アカウント情報を登録する。

【アカウント情報】
・会社名
・従業員数
・担当者名
・電話番号
・Indeedを知った方法

基本情報を登録する。

求人に関する基本的な情報を登録します。「職種名」は簡潔でわかりやすい名称を記入しましょう。
【基本情報】
・職種名
・職種カテゴリー
・会社名
・勤務地
 
企業の応募の受け取り方法や、応募者が応募する方法について、登録します。
・メールや電話での応募を受ける
求職者から応募があった場合に受け取るメールアドレスを登録します。複数のアドレスを登録できるので、複数の採用担当者などのメールアドレスを登録することにより、応募への素早い対応につなげます。
電話での問い合わせをしたい応募者もいるので、電話問い合わせ“あり”にしておくとおいでしょう。
・直接窓口で応募を受ける
詳細な住所を入力すると、地図に反映される仕組みとなっています。その他、追加の説明が必要であれば、入力しておきましょう。
・応募者の応募方法
「1分簡単応募(履歴書不要)」と「通常応募(履歴書必須)」を選択します。自社の採用プロセスに応じて、選択してください。アルバイトやパートなどの募集など、まずは応募者と連絡を取りたいといった場合には、「1分簡単応募」などを活用するのもおすすめの方法です。


求人情報を登録する。

「雇用形態」「給与」「企業写真」を登録します。「企業写真」は登録しなくても構いませんが、より応募者の目に留まりアプローチするには、必ず写真を登録することをお勧めします。

【雇用形態】
・正社員
・アルバイト/パート
・派遣社員
・契約社員
・インターン
・業務委託
・ボランティア
・新卒
・請負
・嘱託社員

具体的な求人情報を入力する。

仕事内容を詳細に掲載することが、採用成功につながります。任意の入力事項もありますが、極力、全項目を記載するようにしましょう。

また、求人情報に対して、タグ(3つまで)をつけることができますので、こちらもぜひ選択するようにしましょう。

・仕事内容およびアピールポイント

・求める人材

・勤務時間/曜日

・交通アクセス

・待遇/福利厚生

・その他

・3個のタグ選択

#シニア応援 #社員登用あり #昇給・昇格あり

#残業なし #週1日からOK #週2〜3日からOK

#シフト自由・選べる #高収入・高時給 #交通費支給

#即日勤務OK #急募 #駅から5分以内 

 応募資格などを登録する

応募者への質問事項を登録します。任意項目ですので、必要な質問のみに絞りましょう。入力項目が多いと、応募者数が減る傾向にあります。

掲載枠(無料or有料)を選択する。

登録内容を確認し、問題なければ掲載に進みます。
掲載については、「無料掲載枠」もしくは「有料掲載枠」を選択し、完了です。

自社の採用ホームページを、Indeedにクローリングしてもらって表示する

indeedは世界で毎秒約10件の求人が掲載されています。

自社のホームページの採用コンテンツを、検索結果に表示させるというもの。求人広告会社などを通さず、求職者にダイレクトにアプローチできます。

ただし、Indeedは、クローラーと呼ばれるネット上を巡回する検索エンジンが、さまざまな求人情報を収集・集約して(クローリング)、求職者に情報を表示するので、クローリングをしてもらえるように、ガイドラインに則って、自社の採用ホームページが作成されていなければなりません。

【クローリングの条件】
以下のクローリングの条件を満たしている必用があります。

1) 求人情報の採用ホームページの形式は、HTMLであること

採用ホームページの求人情報が、HTMLで記述されている必要があります。PDFや画像ファイルなどを貼り付けただけのページは、クローリングの対象にはなりませんので、必ずHTMLで記述してください。

2) 各求人の1職種×1勤務地ごとにそれぞれ固有のURLが作成されていること

複数の職種の求人情報を、1つのページで構成している場合は、掲載ができません。1つの職種・勤務地ごとに、応募ボタンや応募フォームから応募のアクションができるようなサイト構成にする必要があります。

・NG表記

勤務地:本社、◯△支店
職種:1)営業職、2)営業アシスタント、3)総務

・OK表記

勤務地:東京都新宿区西新宿◯―◯―◯ ABビル5F
職種:財務経理

3) 応募方法の記載がある(応募フォームを使っている場合は同じドメイン内で応募を完了できること)

いくら採用ホームページがあっても、応募方法が記述されていないものはNG。1つの求人情報に対して、1つの応募ボタンがあるなど、必ず同じドメイン内から応募をして完結できるような仕組みが必要です。他のドメインの応募サイトに遷移するといった方法は条件外となります。

・「応募フォームはこちらから」:ボタンなどで案内

・「◯◯へ履歴書・職歴書を郵送してください」

・「〇〇へお電話ください」

など、具体的なアクションができるよう、案内することが必用です。

4) 求人の業務の内容が詳細に記載されている

1つの求人ごとに「職種」「仕事内容」「雇用形態」「給与」「勤務時間」「休日」「勤務地(最寄駅)」などを記載や、「必要資格」「必須スキル」など必要に応じて、詳細な情報を記載しましょう。

「職種」についても、明確で具体的な表記とし、「仕事内容」については、その職種の具体的な内容をはじめ、会社の雰囲気や文化、福利厚生についても、触れておくとよいでしょう。クローリングされやすくなると同時に、求職者がより応募しやすくなる効果につながりますので、手を抜かず、しっかり記載しておくことが、採用成功の秘訣です。

5) 求人情報の仕事内容などをみるために、ユーザー登録や会員登録などが必要でないこと

求人情報の内容を確認するために、ユーザー登録や会員登録を促す仕組みは、求職者の利便性を妨げるのでNGです。ユーザー登録でエントリーした人のみに、求人情報を開示しているような場合は、掲載NGとなるケースもありますので、要注意です。

6)求人への応募を無料とすること

あり得ないケースだとおもわれますが、求職者からお金を徴収してはいけません。無料で求人の応募できることが必要になります。

せっかく自社のホームページに採用コンテンツがあっても、きちんとガイドラインが守られていないと、確実に掲載されないかもしれません。利用の前に、Indeedの掲載ガイドラインをご確認ください。

【自社ホームページを利用してクローリングするメリット】

・求人件数が非常に多い場合

すでに自社ホームページに採用コンテンツの用意がある場合には、Indeedサイトに1件ずつ求人情報を登録するよりは、効率的。

・写真や動画など、より自社の魅力を伝えるためのデザインや見せ方ができる

自社ホームページ内であれば、企業や社員紹介の動画をはじめ、求職者の興味を引く企画を自在に行えるので、表現方法が多彩となります。

・アクセス解析が可能

Googleアナリティクスなどの解析ツールを使い、サイト閲覧者の閲覧行動分析などが可能ですので、採用コンテンツの改善につなげることができます。

他の求人サイトに掲載する

Indeedは毎月2億5000万PV

Indeedで検索結果に掲載される方法として、他の求人サイトへ出稿する方法も。Indeedは世界中の求人情報を独自のアルゴリズムによって、収集・集約するので、ほとんどの求人サイトに掲載している求人情報がヒットします。今まで有料求人広告サイトを利用しており、採用費用を抑えるために、有料求人広告をやめようとしている企業には該当しませんが、引き続き有料求人広告サイトも利用する企業については、ぜひ活用してほしいところです。

ただし、一般的に有料の求人広告サイトは、掲載期間が決まっていますし、掲載順も費用に応じてといったことが多いので、料金プランなどをよく検討したうえで、利用するようにしましょう。

Indeedと求人媒体それぞれにメリットがありますので、何が自社に向いているのか、活用を検討してみてください。また、求人サイトの運営会社がIndeedの有料掲載枠を購入している場合は、上位に掲載されるといったこともあります。

【Indeedに向いている企業】

・通年で採用、募集職種が多い

・募集人数が多く、求人広告、人材紹介だけでは必要人材数を確保できない

・地方在住者の募集をしたい

【求人媒体に向いている企業】

・募集人数が多く、短期に大量募集したい

・募集する求人数が少ない

・採用予算が潤沢

それぞれの特徴を把握したうえで、Indeedと求人媒体の両方の取り扱いのある広告代理店に相談してみるのもよいでしょう。

 
 

有料掲載と無料掲載の違い

本気で採用したいなら有料掲載がおすすめです。

Indeedは無料掲載と有料掲載があります。その違いを確認しておきましょう。

★有料掲載

・無料枠に比べて上位に表示される、露出度が高い。

・日別、月別のパフォーマンスレポートを確認することができる。

閲覧された回数やクリックされた回数を確認できので、反応に応じて条件変更などの対策が可能です。

・上限予算を調整できる

予算の上限を決めることができるので、採用予算を把握できます。

★無料掲載

・掲載数や応募数に関係なく、無料で掲載できる。

通常の求人サイトでは無料枠がないことが一般的なので、魅力といえます。

・検索結果として、有料枠の下部に表示されるので目につきにくい。

下部に表示されると同時に、無料枠利用者が増えたことで、無料枠の中でも上位表示の競争率が高まっています。

・更新頻度が低くかったり、情報が乏しいと下位表示になってしまう。

「Indeed」広告の代理店

Indeedの広告代理店を活用することで応募が最大化できます。

採用担当者が求人情報の作成から投稿まで、一通り自分でできるのが魅力のIndeedですが、一方で、採用担当者が時間を割けない、運用を代行してほしい、ノウハウを提供してほしい、といった場合には、広告代理店を活用する方法もあります。

無料のサービスと有料のサービスがある場合、当然、有料のサービスが優遇されます。現在は、無料の求人サービスがたくさんありますが、やみくもに数を掲載することはお勧めしていません。

「応募が集めたい!」と考えているのであれば、どの媒体が自社に合っているかを考え、その媒体を最大限に活用することが必要です。

まとめ

社労士の小栗多喜子です。
Indeedの効果を最大化するためには応募者起点の求人票がおススメです。

Indeedは他の求人広告媒体と違い、無料掲載枠が設けられているなど、求人を出しやすいことがメリットです。一方で、その分多くの企業が求人を出すことになり、自社の求人が埋もれてしまうといったことも増えています。せっかくの求人情報を埋もれさせないために、求人原稿をこだわったり、有料の枠を活用するなどの工夫が必要です。

Indeedは毎月3000万PVがあると言われており、日本で最も閲覧されている求人媒体です。しかし求人掲載件数も非常に多く、全世界では1秒で約10件の求人が掲載されています。

Indeedの求人検索エンジンは、ますます利用者が増えていますので、いかに情報を埋もれさせずに、応募者にアプローチできるかが成功のカギです。

Indeedは媒体の特徴上、求人を掲載することは簡単です。
しかし簡単だからこそ求人内容にこだわらなければ応募は集まりません。求職者にとって自社に入社することのメリットを訴求しなければなりません。

社会保険労務士法人とうかいでは、応募者起点の求人票の作成を支援しております。無料相談も行っておりますので、興味がある方はぜひお申込みください。

 

画像をクリックするとIndeedセミナーの資料がダウンロード申込ページが開きます。

弊社へのご相談の流れ

お問合せからご相談、契約までの流れをご説明します。

お問合せ

まずは電話または問合せフォームにてお問合せ下さい。この段階では費用は一切かかりません。

対面相談(来所)

お問合せに対する回答をふまえ、面談を希望される方は弊社へご来社いただき、直接お話をうかがいます。この段階でも一切費用はかかりません。

ご契約

ご依頼内容に応じて見積もりを提示いたします。サービスの内容にご納得いただけましたら、契約となります。この段階から報酬が発生いたします。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

名古屋の社労士 社会保険労務士法人とうかいのホームページにお越しいただき、ありがとうございます。弊社は労務トラブル対応、就業規則、社会保険手続、給与計算代行を得意とする社労士事務所です。

お電話でのお問合せはこちら

052-433-7280

名古屋市を中心とした中小企業経営者の方のご相談をお待ちしております。

◆愛知県名古屋市西区牛島町5番2号名駅TKビル5F(名古屋駅徒歩8分 ルーセントタワー徒歩1分)
◆受付時間:9:00~17:00(土・日・祝を除く)

無料相談実施中

お電話でのお問合せはこちら

052-433-7280

フォームでのお問合せは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください!

メルマガ登録はこちら

最新の人事・労務ニュースに加え、就業規則などのお役たち情報、当社開催のセミナー情報などフレッシュな情報をお届けします。社労士ならではの視点で最新のニュースや時事ネタを捉え、労働法を織り交ぜて分かりやすく解説します。

人事労務
お役立ちガイドブック

とうかいで過去に実施したセミナー資料や社会保険労務士について解説をしてある「社会保険労務士はじめてガイドブック」など人事労務のお役立ち資料がダウンロードいただけます。

メルマガ登録はこちら

最新の人事・労務ニュースに加え、就業規則などのお役たち情報、当社開催のセミナー情報などフレッシュな情報をお届けします。社労士ならではの視点で最新のニュースや時事ネタを捉え、労働法を織り交ぜて分かりやすく解説します。