" " " "

給与計算や社会保険手続について
社会保険労務士が解説

給与計算とは、役員や従業員の給与支給額を計算する業務のことです。
従業員の勤務状況や就業規則、賃金規程に基づいて、総支給額を計算し、社会保険料や税金などの控除額を差し引いて最終的な手取り額を計算します。

給与計算は単純な事務作業のように思われますが、給与計算を行うためには社会保険関係の法律知識だけでなく、税法や労働法の知識も必要になる仕事です。給与計算は企業と従業員の労働契約の根幹である「賃金の支払い」を正確に行うための業務です。ミスは労使の信頼関係を損なうことにつながります。

ここでは、給与計算や社会保険手続について、専門家である社会保険労務士が解説いたします。

2019年12月より順次公開していきます。リンクが赤くなっている記事が公開中の記事です。お楽しみに。

目次
  • 1

    給与計算の基礎知識。社会保険労務士が解説します

給与計算の基礎知識について。まずはこちらからご確認ください。

  • 2
    給与計算アウトソーシングのメリットは?

給与計算を行う方法は大きく分けると自社で行う方法とアウトソーシングする方法に分かれます。
アウトソーシングするメリット・デメリットについて解説します。

  • 3
    給与計算のはじめ方。初期設定の方法とは?

給与計算は初期設定を間違うとミスを起こす要因となります。むしろ給与計算は初期設定にかかっていると言っても過言ではありません。初期設定のやり方について社会保険労務士が解説します。

その他のコラムはこちら

初回無料相談会実施中!

お電話でのお問合せはこちら

052-433-7280

フォームでのお問合せは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください!

「雇わない経営・雇われない働き方」を考える会オンライン対談

新しい会社と社員の関係性を一緒に考えてみませんか?

サイドメニュー