採用にコストをかけ、育成に手間暇もかけ、きちんと休みを取らせても、不満を貯めて突然「辞めます」と言ってくる社員。ここ数年、どこの会社でも起きている日常の風景です。
人口が減少を続ける日本において、定期昇給も終身雇用も維持できるはずがありません。
しかし雇い続ける以上、採用にはコストがかかり、社員は育成を求め、休みを求め、定期昇給を求め、雇用の維持を求めてきます。

一体どうすれば企業は生き残っていけるのでしょうか。

雇う経営のビジネスモデル

・正社員が基本(パートナーシップ型)

・パートやアルバイトなど非正規になるほど報酬が下がる

・業務委託は外注扱い。もしくは非正規雇用扱い。

・外注はビジネスモデルの外側

・非正規や外注はできるだけ安く

・辞めたら補充

・売上は正社員の数に比例

・売上アップと共に固定費が増える

・採用、育成に大きなコスト

・規模の拡大と共に付加価値が低下(規模拡大志向)

・ブランドと集客は会社に依存

・抱える社員が多く、M&Aではそれが負債に見られる恐れ

向いている会社
・求職者に人気があり採用にコストがかからない

・社員が一丸となれるビジョンがある

・育成とマネジメントが得意

・休みや報酬を増やし続けるだけの体力がある

雇わない経営のビジネスモデル

・正社員から業務委託までをビジネスモデルの内側に

・通常の外注(企業外注)と業務委託(個人外注)を区分する

・正社員に近いほどリスクは少ないが収入も上限あり

・非正規になるほどリスクは高いが収入は上限なし

・非正規や外注の待遇をできるだけ手厚く・居心地よく

・辞めたら補充はしない(雇わない人材に切り替える)

・売上は社員数に比例しない

・売上がアップしても固定費は増えない

・採用、育成にコストがかからない

・付加価値が最大になる規模で組織を維持(利益最大志向)⇒管理部門の最小化

ブランドと集客は個人に依存

・抱える社員が少なく、M&Aでは資産価値がアップ

 

向いている会社
・採用力はないが仕事はたくさんある

・自分(社長)がやりたい目標がある

・育成やマネジメントは苦手

・休みや報酬を増やし続けるだけの体力がない

話はわかった!
でもどうすればいいのかわからない?!

確かに、「雇い続ける」ことの限界は感じている。
大手もやっているし、挑戦してみたいとは思う。
だからと言って、「雇わない経営」への移行をどうやっていいかわからない。

雇わないだけでうまくいくと思えない。
雇わない経営には法的なリスクもあると聞く。

いったい雇わない経営ってどうやって進めればいいの?

雇わない経営実践パックがサポートします。

すでに雇わない経営を推進してきた安田佳生氏によると、雇わない経営の実践には3つの壁があると言われています。

・法律の壁
契約書をどのように締結していようと、実態が雇用であれば、雇用契約とみなされて、身に覚えのない残業代を請求されてしまう可能性もあります。
多くの大手企業が、この雇用契約と業務委託契約の境目の問題に悩まされています。

・ビジネスモデルの壁
雇わない社員と末永く、関係を続けていくためには、ビジネスモデルの再設計が必要不可欠です。
雇わない経営のポイントは、いかに個人の能力の得意に自社のビジネスモデルの一部を預けるかにあります。
そのままのビジネスモデルで雇わない経営に移行すると継続できないことが多いです。

・継続の壁
雇わない経営は、一度契約形態をしっかりして、ビジネスモデルを設計すれば、継続できるものではありません。
実態が雇用契約と疑われることはないか?
会社と経営者、社員がそれぞれメリットを享受できているのか?
専門家の視点で、都度再点検する必要があります。

雇わない経営実践パックとは?

「雇わない経営・雇われない働き方」を考える会のパネリストのメンバーが雇わない経営の導入をサポートさせていただきます。社労士・弁護士・境目研究家が監修したマニュアル・書式など雇わない経営に必要な一式をパックで提供いたします。

社労士の久野です。
雇わない経営の実態を確認して、法律で問題がないかサポートいたします。

弁護士の向井です。
雇わない経営の法務をサポートいたします。

境目研究家の安田です。
雇わない経営のビジネスモデル再構築をサポートいたします。

雇わない経営サービスパック

 

今だけ「雇わない経営・雇われない働き方」を考える会限定価格でサービスを提供いたします。

まずは無料相談にお申込みください!

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。
申込後、視聴可能URLを送付させていただきます。非会員の方は請求書も。info@tokai-sr.comメールが届きますので、ご確認ください。
万が一メールが届かない場合は申込は完了しておりませんので、お問合せください。

必須
必須

(例:株式会社●●)

必須

(例:山田太郎)

必須

(例:080-○○○○-△△△△)

必須

(例:sample@yamadahp.jp)

テキストを入力してください

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご確認のうえ、メールにてご連絡ください。

送信先アドレス:info@tokai-sr.com

お客様に入力して頂いた氏名・住所・電話番号・E-mailアドレス等の個人情報は今後、弊社もしくは関係会社、セミナーの講師の所属する組織およびその関係会社において、弊社が出展または主催する展示会・セミナーのご案内、弊社が提供する商品・サービスに関するご案内など各種情報のご提供、及び弊社営業部門からのご連絡などを目的として利用させて頂きます。弊社は、ご提供いただいた個人情報を、法令に基づく命令などを除いて、あらかじめお客様の同意を得ないで第三者に提供することはありません。

初回無料相談会実施中!

お電話でのお問合せはこちら

052-433-7280

フォームでのお問合せは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください!

「雇わない経営・雇われない働き方」を考える会オンライン対談

新しい会社と社員の関係性を一緒に考えてみませんか?

メルマガ登録はこちら

最新の人事・労務ニュースに加え、就業規則などのお役たち情報、当社開催のセミナー情報などフレッシュな情報をお届けします。社労士事務所ならではの視点で最新のニュースや時事ネタを捉え、労働法を織り交ぜて分かりやすく解説します。

人事労務
お役立ちガイドブック

とうかいで過去に実施したセミナー資料や社会保険労務士について解説をしてある「社会保険労務士はじめてガイドブック」など人事労務のお役立ち資料がダウンロードいただけます。