※WEB会議システムでの受講です!!(ZOOM)
※申し込み後、受講方法をご案内いたします。はじめての方もご安心ください!

健全に成長するための
日本一の決算書の読み方塾

事業継続のために最も重要なことの一つに経営者が決算書を読めるということがあります。感覚では経営はできません。数字を理解し、法人の正しい姿を理解するからこそ健全な成長を実現できるのです。
塾では、全3回で、自社の決算書を活用しながら、どうやって経営を改善していくかを一緒に学びます。

講座概要

日程 講座内容
7月4日(月)
16:00-17:30
第1講座 <貸借対照表の読み方>
1、貸借対照表の右側と左側は何?
  ・右側は3つの資金調達 左側は資金運用
2、あなたの会社の資金状態は大丈夫?
  ・当座比率で判断します
3、あなたの会社の体力は大丈夫ですか?
  ・・自己資本比率で判断します
8月8日(月)
16:00-17:30
第2講座 <損益計算書の読み方>
1、一般の損益計算書の読み方
  ・一般の損益計算書はあまり価値がないですね
2、価値ある変動損益計算書
  ・変動損益計算書を作ってみましょう
3、変動損益計算書を使ってみましょう
  ・損益分岐点売上高の計算
  ・営業利益を3千万円にするための売上高は?
  ・労働分配率は?
  ・最も大事な数値は一人当たり限界利益
  ・何と適正人数が計算できます
9月5日(月)
16:00-17:30

第3講座 <貸借対照表・損益計算書の改善の仕方>
1、あなたの会社の現状を見てみましょう
  ・現在、上手くいっていることと上手くいっていないことを洗い出す
  ・継続すること改善することを決めましょう
2、あなたの会社の理想の損益計算書を作ってみましょう
  ・理想の売上高 
  ・理想の人件費 
  ・理想の経費 
  ・理想の利益
3、5年後までの理想の損益計算書を作ってみましょう
4、5年後の当座比率・自己資本比率を計算してみましょう

講師紹介

講師:SMCグループ
代表取締役 曽根 康正

SMCグループ
公認会計士 曽根 康正

大学を卒業後、公認会計士試験に合格。平成元年に開業。
SMCグループの代表であり、これまでにグループ全体で「中期経営計画セミナー」約450社の実績あり。現在、115社のMAS監査先をサポート中。サポート先の黒字割合は95%を超える。毎年、20社以上のMAS監査契約を獲得している。業界のMAS監査拡大・推進尽力する。

【著書】
・「社長の覚悟」(ASUKA BUSINESS)
・「自分の会社を100年続く企業にする法」明日香出版社
・「伸びる会社づくりの手順教えます」中経出版 共著

セミナー概要

主催 SMCグループ・社会保険労務士法人とうかい
会場 名古屋市内会議室(オンライン参加可能)
※コロナの状況によっては全員がオンラインとなる可能性があります。
懇親会 各回終了後に懇親会があります。
基本はセミナー会場近くでの開催となりますが、コロナの状況によってオンライン懇親会となることもあります。
対象 経営者・経営幹部
参加費

23,100円(7,700円×3回)(税込)
※申込月に三回分をまとめて請求させていただきます。
懇親会費用別途必要

セミナー申込みフォーム

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「セミナーに参加する」ボタンをクリックしてください。

必須
必須

例:社会保険労務士法人とうかい

必須

例:代表取締役

必須

例:山田太郎
※複数名の場合、お手数ですが参加人数分のフォームをご送信ください

必須

例:sample@yamadahp.jp

必須

例:03-0000-0000

任意

テキストを入力してください

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご確認のうえ、メールにてご連絡ください。

送信先アドレス:info@tokai-sr.com 

初回無料個別相談実施中!

お電話でのお問合せはこちら

052-433-7280

フォームでのお問合せは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください!

サイドメニュー