出張クノネコ商事のかわら版

出張クノネコ商事のかわら版

漫画で労働法がわかる「にゃるほど!クノネコ社長」http://minwanowa.com/category/kunoneko/より、クノネコ商事で回覧しているかわら版を公開

改正入管法って?

新しく2つの在留資格が創設されました。
特定技能1号、特定技能2号です。どちらも「人材を確保することが困難な状況であるため外国人材により不足する人材の確保を図るべき措置」として導入されました。
特定技能1号や特定技能2号の在留資格を得るためには、試験に合格することが必要になります。
しかし、実際にはまだ試験が行われていない分野も存在し、技能実習2号からの転職により特定技能第1号となることが多いのです。

入社一時金は給与なの?

新しく2つの在留資格が創設されました。
特定技能1号、特定技能2号です。どちらも「人材を確保することが困難な状況であるため外国人材により不足する人材の確保を図るべき措置」として導入されました。
特定技能1号や特定技能2号の在留資格を得るためには、試験に合格することが必要になります。
しかし、実際にはまだ試験が行われていない分野も存在し、技能実習2号からの転職により特定技能第1号となることが多いのです。

もっと詳しく知りたい方はこちらへ

賃金は低下している!

フレックスタイム制のメリット

■会社のメリット

・従業員が自分自身で始業・終業時刻、労働時間を選択するため、業務効率の向上が期待できる
・残業時間は清算期間の総労働時間で判断するので、残業時間の短縮や時間外手当の削減が期待できる
・規定された労働時間内で勤務することができない人材の確保や、人材流失防止につながる

■従業員のメリット

・私生活との両立が図りやすい
・繁忙期やその他の期間などに柔軟に対応でき、効率がよい
・自分自身の判断で仕事をコントロールすることにつながるので、モチベーションがあがる
・育児や介護など、退職することなく働き続けることができる

 

フレックスタイム制のデメリット

■会社のデメリット

・担当者不在の時間が発生する可能性がある
・労働時間の確認や時間外手当の計算など、労務管理が複雑になる
・運用の仕方によっては、社員同士のコミュニケーション不足となる可能性もある
・自己管理ができない従業員は、時間に対してルーズさが許されるものと勘違いされやすい
・取引会社や他部門との連携が多い職種の場合には、時間の設定が難しくなるため、導入できる職種が限られやすい

■従業員のデメリット

・高い自己管理能力や調整力が必要になるので、自己管理できない従業員においては、意欲低下につながることもある
・コアタイムに打ち合わせなどが集中することとなりがち

フレックスタイム制の時間外労働の算定方法は?

フレックスタイム制を導入した場合、時間外労働の算定方法が異なりますので、注意が必要です。

フレックスタイム制は、清算期間中の労働時間の範囲内で、日々の労働時間は従業自身の判断に委ねられていますので、特定の日や週の労働時間が長くなったとしても時間外労働にはあたらず、時間外手当を支払う義務は生じません。しかしながら、清算期間を通じて法定労働時間の総枠を超える労働を行わせた場合には、時間外労働となり、時間外手当の支払いが必要です。

清算期間における法定労働時間の総枠

=1週間の法定労働時間(40時間)×清算期間の暦日数/7日

参考:清算期間を1か月とした場合

※週の法定労働時間が44時間の場合には、44時間としてカウントします。

たとえば、清算期間が31日のケースにおいて、その月の実労働時間が200時間だった場合は、「200時間-177.1時間=22.9時間」なので、22.9時間分の時間外手当の支払いが必要となります。

また、深夜割増賃金と休日割増賃金についても、労働基準法の原則通り、適用されますので注意が必要です。フレックスタイム制の従業員が午後10時から午前5時までの深夜時間帯に勤務すれば、深夜割増賃金が発生します。さらに、就業規則等で休日とされている日に、勤務すれば休日出勤手当が発生することになります。

フレックスタイム制度に関するQ&A

弊社へのご相談の流れ

お問合せからご相談、契約までの流れをご説明します。

お問合せ

まずは電話または問合せフォームにてお問合せ下さい。この段階では費用は一切かかりません。

オンライン面談

お問合せに対する回答をふまえ、面談を希望される方はオンライン面談で話をうかがいます。この段階でも一切費用はかかりません。

ご契約

ご依頼内容に応じて見積もりを提示いたします。サービスの内容にご納得いただけましたら、契約となります。この段階から報酬が発生いたします。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

名古屋の社労士 社会保険労務士法人とうかいのホームページにお越しいただき、ありがとうございます。弊社は労務トラブル対応、就業規則、社会保険手続、給与計算代行を得意とする社労士事務所です。

お電話でのお問合せはこちら

052-433-7280

名古屋市を中心とした中小企業経営者の方のご相談をお待ちしております。

◆愛知県名古屋市西区牛島町5番2号名駅TKビル5F(名古屋駅徒歩8分 ルーセントタワー徒歩1分)
◆受付時間:9:00~17:00(土・日・祝を除く)

チャットでのお問合せはこちら

オンライン相談実施中!

お電話でのお問合せはこちら

052-433-7280

フォームでのお問合せは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください!

メルマガ登録はこちら

最新の人事・労務ニュースに加え、就業規則などのお役たち情報、当社開催のセミナー情報などフレッシュな情報をお届けします。社労士事務所ならではの視点で最新のニュースや時事ネタを捉え、労働法を織り交ぜて分かりやすく解説します。

人事労務
お役立ちガイドブック

とうかいで過去に実施したセミナー資料や社会保険労務士について解説をしてある「社会保険労務士はじめてガイドブック」など人事労務のお役立ち資料がダウンロードいただけます。

アンケートのお願い

将来、企業をする人が失敗せず、成功するためのアンケートです。概ね5分で完了しますので起業の経験がある方はぜひご協力お願いします。