応募倍増媒体活用術・求人票書き方 最新手法大公開セミナー

2018年8月2日(木)に名古屋商工会議所にて開催致しました。

応募者を増やすためには、時代に合わせて募集の仕方を変えていく必要があります。まずは「現在の求職者がどのように仕事を探しているのか」ということを知ることから始めましょう。

現在の求職者の視点を考えたうえで、重要度が高い順番は以下の通りです。
①媒体は何を使っているのか
②求職者が求めている情報が、分かりやすく書かれているかどうか
③待遇面、福利厚生などはどのような条件なのか

現在の求職者はスマートフォンで検索をして、仕事を探します。
その中でも「indeed」は、リクナビ等の登録型の求人サイトの情報も掲載しているため、求職者に一番選ばれている求人検索サイトです。

求職者に応募してもらうためにも、「indeeed」の検索上位に載る工夫をしなければなりません。

また、現在の求職者が欲しい情報を載せた求人票を書くためには、「具体的なエピソード・独自の風土」を
アピールすることが大切です。
現在使っている求人票が他社の名前に入れ替えても通用してしまうものになっていないかどうか、
一度確認をしてみてください。

大津開催 最高裁判決と企業の実務対応セミナー


2018年7月27日(金)に滋賀県 大津商工会議所にて開催致しました。

正社員と非正規社員の待遇格差をめぐるハマキョウレックス事件、長澤運輸事件の2つの判決が6月1日に言い渡されました。この判決は労働契約法20条が禁じる不合理な格差についての初判断となりました。

最高裁の判決ポイントとして
①就業規則は正社員規則とその他の雇用形態で分けること
 ・・・職務の違いや人材登用の仕組みが違うので規則も分ける     という考え方
②賃金規程は手当の支給要件を個別に確認すること
 ・・・曖昧な支給要件だと、非正規社員へも支払が必要になる     可能性
③正社員と非正規社員の仕事の違いを明確にすること
 ・・・正社員と非正規社員で全く同じ仕事とはさせないような     基準が必要

また多くの経営者の悩みである人不足にも切り込み、現代の採用争奪戦に勝ち抜く方法もお伝えしました。
採用難の現在、時代により合った採用手法に変えていくことがとても大切です。

PAL尾張創設記念プレセミナー 会社の未来を築く経営戦略×採用戦略


2018年7月19日(木)に春日井商工会議所にて開催致しました。

PALとは下の3つの言葉の頭文字をとっています。
rofessional専門的な dvisers相談相手 inkage結合

PAL尾張は「尾張地区の中小企業の発展・継続に貢献する」ことを目的として中小企業の経営者と弁護士・税理士・社会保険労務士などの専門家が法務・税務・労務などの中小企業が直面する問題について一緒に学び合う集団です。

プレセミナーとして経営相談・財務相談に幅広く携わっていらっしゃる北斗中央税理士法人の代表 長谷川英輝先生と弊社の久野が講師を務めました。
先の読めない時代を突破する逆算経営の経営戦略と、成長企業の採用戦略について働き方改革法案や今までの相談経験をもとに中小企業がとるべき採用手法を紹介いたしました。

まだ間に合う!中小企業の新卒採用セミナー


2018年6月27日(水)に名古屋商工会議所にて開催致しました。

現在の労働・採用市場の動向からこのままだと2025年に583万人の労働力が不足することにはじまり、2019年3月卒業予定の大卒求人倍率は7年連続で上昇中。人材不足が深刻化しています。

第1講座ではなぜ新卒なのか、どのように優秀な学生と出会うのかを多くの事例を交えてお伝えしました。また採用がゴールではなく内定承諾と定着を最終目的とするために中小企業は採用手法を見直し、改めてほしい人材を考えることが重要となります。

第2講座では新しい新卒採用手法の一つとしてとうかい逆求人フェスティバルを紹介しました。

「逆求人」とは合同企業説明会の「逆」形式スカウトイベント。学生が自分のブースを構えて企業が訪問します。通常の合同説明会では知名度のある大手に学生が集中し、自社ブースは訪問者なし・・よくありますよね。逆求人フェスティバルでは自社を知らない学生にもアプローチでき、1対1で集中して話すことが出来ます。

やることは本気で口説くだけ!
実際に弊社もナビに頼っているだけでは絶対に採用できなかった学生を2名採用できました。

 

中小企業経営者向け 税制等優遇枠徹底活用!

2018年5月25日(金)に名古屋商工会議所にて開催致しました。

大企業が導入している「確定拠出年金」は中小企業でも導入できるすごい税制優遇制度です。
確定拠出年金とは、今の自分が未来の自分の為に積み立てる「じぶん年金」のことです。
60歳以降にもらえる年金をご自身の給与から差し引いて積立てます。
加入期間を通じた税制優遇のメリットは3つあります。
①掛金は非課税②受取時は税控除有③運用益は非課税

今までの制度では30名からしか加入が出来ませんでしたが、ご案内する確定拠出年金では1名から始めることができ、役員1名からでも十分なメリットがあります。
もし現状の年金制度に不安を感じるならばやらない手はありません!

どのような条件で導入するべきか具体的にアドバイスを致します。お気軽にお問い合わせください。

 

採用定着支援セミナー~働きがいのある会社とは?~

2018年4月12日(木)にパークアリーナ小牧にて開催致しました。

「採用できない」「定着しない」・・・この悩みを解決するカギはどこにあるのでしょうか。

第1部では世界№1求人サイトindeedを使った新しい採用手法を紹介いたしました。超人手不足と言われる中で中小企業の採用は問題が山積みです。ずっと同じ方法で募集をかけていませんか?イマドキの求職者はスマホを使って求人検索をしています。時代に合った採用方法を使わなければなりません。
続いて第2部は募集要項の内容の重要さについてです。求職者が見ている条件は「働きやすさ」や「待遇」だけではありません。各労働条件の決め方、考え方から理念を打ち出し定着率を改善した事例を公開しました。
第3部は株式会社トリム 久保田様に従業員満足度がアップする定着する福利厚生制度と実務についてお話しいただきました。


 

 

人材・採用でお困りの経営者さまへ

お電話いただければ、すぐにお応えいたします。
TEL:0120-367-789  平日9:00~17:00(土日祝除く)