就業規則とは?
社会保険労務士が分かりやすく解説します。

就業規則とは、事業場ごとに作成される、雇用主と労働者の間の雇用に関するルールを定めたものです。労働基準法89条より、常時10人以上の労働者を使用する雇用主は、就業規則を作成し、所轄労働基準監督署に届出をしなければなりません。法律上では、労働者の数が10人未満であれば作成義務や提出義務はありません。

しかし、労働者が安心して働ける職場を作ることは事業規模や業種を問わず、企業を成長させるためには、すべての事業場にとって重要なことです。そのためには、予め就業規則で労働者の労働条件や待遇の基準をはっきりと定め、労使間でトラブルが生じないようにしておくことが大切です。しかし、会社の規模や業態、経営状態によって定めるべきルールは異なります。会社を成長させるためには、それぞれの会社に合った就業規則の作成が必要です。

就業規則の専門家である社労士が作成から運用までのポイントを徹底的に解説します。

2019年7月より順次公開していきます。リンクが赤くなっている記事が公開中の記事です。お楽しみに。

目次
  • 1

    就業規則とは?就業規則の基礎知識

就業規則や労働契約の基礎知識についてわかりやすく解説します。まずはこちらからご確認ください。

  • 2
    業規則の作成義務と就業規則を作成するメリット

就業規則の作成義務と義務を履行しない場合のリスク。また、10名未満の場合でも就業規則を作成するメリットについてわかりやすく解説します。

  • 3
    就業規則と労働契約の違いは?その関係性について分かりやすく解説します。

就業規則に書いてある労働時間と雇用契約に書いてある労働時間が違う?こんなときはどちらを信じたらいいの?本来あってはならないことですが、こういったケースは多くみられます。就業規則と労働契約書の関係性について社会保険労務士が分かりやすく解説します。

  • 4
    就業規則と労働協約の関係は?労働組合がある場合の対応方法

労働協約とは、労働組合と会社(使用者)との間で労働組合に加入している組合員の賃金、労働時間をはじめとした労働条件に関する事項について合意した事項を書面にしてまとめたものになります。つまり労働組合がなければ労働協約は存在しません。しかし労働協約は非常に大切なものです。労働協約について社会保険労務士が分かりやすく解説します。

  • 5
    就業規則の賃金規程にはどこまで記載すべき?賃金規程の作成方法について社会保険労務士が分かりやすく解説します。

賃金規程とは、就業規則の賃金に定めた部分のことです。しかし就業規則は会社の憲法と言われるほど、会社に拘束力を持ちます。あまりに決め過ぎてしまうと健全な会社運営が難しくなってしまうことも。
賃金規程の作成方法について社会保険労務士が分かりやすく解説します。

  • 6
    就業規則における労働時間。労働時間について社会保険労務士が分かりやすく解説します。

労働契約は簡単に言えば、何時間の労働に対していくらの契約です。つまり労働時間は労働契約において非常に大切です。事実として、労働時間があいまいなためにおこるトラブルは非常に多いです。労働時間について社会保険労務士が分かりやすく解説します。

  • 7

    社労士が解説。就業規則の周知の方法と注意すべきポイント

就業規則の届出や労使協定の締結を行う際に、労働者の代表を選出する必要があります。条件としては、使用者の意向によって選出されたものではないことです。そもそも労働者代表とは何か?毎回違う人を代表として選出してもいいのか?など、さまざまな疑問に社会保険労務士がこたえます。

  • 8

    就業規則の作成方法と相場について。失敗しない就業規則の作成について解説します。

就業規則はどれも同じではありません。専門家に頼む場合、ひな形を使う場合などさまざな方法が考えられます。それぞれのメリットとデメリットなど費用との関係も含めて解説します。

  • 9

    就業規則のテンプレート大活用!社会保険労務士が就業規則のひな形やテンプレートのカスタマイズの仕方について解説します。

就業規則のひな形はどう使えばいいの?テンプレートがインターネットでダウンロードできるけどどう使えばいいの?など、テンプレートやひな形、最近では、選択肢にこたえると就業規則ができあがるものまであります。それらの活用方法を社会保険労務士が専門家の目線で解説します。

  • 10

    厚生労働省のモデル就業規則について。社会保険労務士が解説します。

厚生労働省が公開しているモデル就業規則。副業を政府が進める際に、このモデル就業規則も副業が解禁されたことで知っている方もいるのではないでしょうか?厚生労働省のモデル就業規則を社会保険労務士が経営者の視点が解説します。

  • 11

    就業規則の不利益変更とは?どのようなケースが不利益変更になるのか社会保険労務士が解説します。

就業規則の不利益変更は原則として禁止です。では少しでも労働者が不利になるような変更は行えないのでしょうか?そうではありません。就業規則の不利益変更について社会保険労務士が分かりやすく解説します。

  • 12

    就業規則の失敗例。労務トラブルを招いた就業規則とは?

就業規則は会社(使用者)と従業員との約束事です。しかし、すべての項目に関して事前に規程されているわけではありません。ここでは就業規則に規定されていないことによって発生してしまった労務トラブルの事例を紹介します。

  • 13

    固定残業制度と就業規則。固定残業制度を導入する際の就業規則の注意点。

固定残業制度は残業時間削減にもつながる制度ですが、労務トラブルが多い制度であることも事実です。固定残業制度をどうすれば円滑に運用できるのか?社会保険労務士が分かりやすく解説します。

  • 14

    就業規則と残業申請制。残業申請制を取り入れる際の注意点について社会保険労務士が分かりやすく解説します。

残業申請制を取り入れることで、残業の抑制につながる事例は多数あります。しかし運用をしっかりしないとそもそも残業の申請制自体が認められないこともあります。残業申請制について社会保険労務士が分かりやすく解説します。

  • 15

    就業規則への副業の規定の仕方を社会保険労務士が解説します。

大手が副業解禁をしているからと深く考えずに副業を解禁することは危険です。副業解禁に伴うメリットやデメリットを社会保険労務士が分かりやすく解説します。

  • 16

    有給休暇の5日取得義務化。就業規則の対応方法について社会保険労務士が分かりやすく解説します。

働き方改革関連法施行に伴い10日以上有給休暇を付与される労働者に対して年間5日の有給休暇の取得が義務付けられました。それに伴った就業規則の変更は済んでいますか?有給休暇の取得義務化に関する就業規則の変更に関して社会保険労務士が分かりやすく解説します。

  • 17

    就業規則の退職・解雇の規程の作り方。労務トラブルを回避する規程の作成方法とは?

労働は生活と密接に関係しているため、解雇や退職に関しては多くの労務トラブルが発生しています。すべてではありませんが、就業規則に規程しておくことで防げるトラブルもあります。トラブルの事案も交えながら社会保険労務士が分かりやすく解説します。

  • 18

    ストレスチェックと就業規則。就業規則の変更方法について社労士が解説します。

50名以上の事業場に関してはストレスチェックの実施が義務付けられています。厚生労働省のモデル就業規則にも規定例は記載されています。就業規則の規定例を社会保険労務士が分かりやすく解説します。

  • 19

    知らないとこわい同一労働同一賃金。労務トラブルを防ぐ就業規則の規程方法について社労士が解説します。

同一労働同一賃金は社会に対して大きな影響を与えると考えられています。今後求められる対応と就業規則や賃金規程などの規程の見直し方法について社会保険労務士が分かりやすく解説します。

  • 20

    就業規則と退職金規定。中小企業が活用すべき退職金制度もあわせて解説します。

終身雇用制度が崩壊を始めているとはいえ、以前として福利厚生制度として退職金制度は求められています。退職金制度の規程の仕方とリスクについて社会保険労務士が分かりやすく解説します。

  • 21

    ハラスメント対策は就業規則から。ハラスメント対策に有効な就業規則の規程の仕方

社会的な要請もあり、ハラスメント防止の取り組みはすべての企業に求められています。ハラスメントを就業規則に規程しておくことのメリット・デメリットを社会保険労務士が分かりやすく解説します。

  • 22

    就業規則での定年延長の方法。定年の考え方を延長の方法について社労士が解説します。

人生100年時代の到来と言われ、多くの企業が定年を延長しています。ここではそもそも定年とは法的にどういう意味を持つのか?定年を延長することのメリットとデメリットは?を社会保険労務士が分かりやすく解説します。

  • 23

    年俸制導入の就業規則の規程の仕方。メリットとデメリットを社労士が解説します。

年俸制を導入することで成果と連動した給与の支払いを行いたい。と考える経営者の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?そもそも年俸制とは?メリットとデメリットとともに社会保険労務士が分かりやすく解説します。

  • 24

    外国人雇用のためにまず整備すべき就業規則。外国人雇用に対応した就業規則の作成方法を社労士が解説します。

外国人雇用に関するトラブルは年々増してきています。その一つの原因に外国人労働者のための就業規則が未整備であることが挙げられます。日本独自の商習慣など、国が違えば常識も変わります。外国人雇用を行う前に整備しておきたい外国人雇用のための就業規則に関して社会保険労務士が分かりやすく解説します。

  • 25

    就業規則と在宅勤務。在宅勤務制度導入のための注意点について社労士がわかりやすく解説します。

柔軟な働き方を実現する働き方改革。事務系の仕事では在宅勤務を認める会社も増えてきています。一方、それにともったトラブルも発生しています。雇用の専門家である社会保険労務士が在宅勤務の導入について解説します。

  • 26

    就業規則と裁量労働制。裁量労働制を導入するためにおさえておきたい就業規則のポイント

裁量労働制というと難しく感じる方も多いのではないでしょうか?裁量労働制とは労働時間と成果が必ずしも連動しない職種において適用することができる制度です。しかしながらすべての事業所で適用できるわけではありません。裁量労働制について社会保険労務士が分かりやすく解説します。

  • 27

    業種別就業規則の勘所。各業種における注意点を社会保険労務士が分かりやすく解説します。

美容業や建設業などさまざまな職種があり、働き方もそれぞれです。ここでは数多くの就業規則をてがけてきた社会保険労務士が業種別の就業規則の作成方法について解説します。

  • 28

    こんな時はどうしたらいい?就業規則運用のQ&Aに社会保険労務士が回答します。

就業規則はつくったら終わりではありません。規則を守らない従業員や規則を知らない従業員もいます。
ここでは数多くの中小企業の顧問を続ける社会保険労務士が就業規則に関する運用のトラブル事例やQ&Aをご紹介します。

就業規則コラムはこちら

2019年7月より順次追加していきます。

就業規則の基礎知識
就業規則の作成義務
就業規則と労働契約
就業規則と労働協約
就業規則における労働時間
就業規則の周知の方法

弊社へのご相談の流れ

お問合せからご相談、契約までの流れをご説明します。

お問合せ

まずは電話または問合せフォームにてお問合せ下さい。この段階では費用は一切かかりません。

対面相談(来所)

お問合せに対する回答をふまえ、面談を希望される方は弊社へご来社いただき、直接お話をうかがいます。この段階でも一切費用はかかりません。

ご契約

ご依頼内容に応じて見積もりを提示いたします。サービスの内容にご納得いただけましたら、契約となります。この段階から報酬が発生いたします。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

名古屋の社労士 社会保険労務士法人とうかいのホームページにお越しいただき、ありがとうございます。弊社は労務トラブル対応、就業規則、社会保険手続、給与計算代行を得意とする社労士事務所です。

お電話でのお問合せはこちら

052-433-7280

名古屋市を中心とした中小企業経営者の方のご相談をお待ちしております。

◆愛知県名古屋市西区牛島町5番2号名駅TKビル5F(名古屋駅徒歩8分 ルーセントタワー徒歩1分)
◆受付時間:9:00~17:00(土・日・祝を除く)

無料相談実施中

お電話でのお問合せはこちら

052-433-7280

フォームでのお問合せは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください!

メルマガ登録はこちら

最新の人事・労務ニュースに加え、就業規則などのお役たち情報、当社開催のセミナー情報などフレッシュな情報をお届けします。社労士ならではの視点で最新のニュースや時事ネタを捉え、労働法を織り交ぜて分かりやすく解説します。

人事労務
お役立ちガイドブック

とうかいで過去に実施したセミナー資料や社会保険労務士について解説をしてある「社会保険労務士はじめてガイドブック」など人事労務のお役立ち資料がダウンロードいただけます。

メルマガ登録はこちら

最新の人事・労務ニュースに加え、就業規則などのお役たち情報、当社開催のセミナー情報などフレッシュな情報をお届けします。社労士ならではの視点で最新のニュースや時事ネタを捉え、労働法を織り交ぜて分かりやすく解説します。