組織を成長させる経営者ブログ 袖触れ合うも他生の縁(久野勝也)

新着ブログ

2019.7.19  経営ブログ 名古屋の社会保険労務士 久野勝也

給与支払いは月払いから時間払いへ

日経電子版より

先日、日経新聞に「デジタルマネーで給与を払えるようにするための規制緩和が遅れている。政府は2019年度の実現をめざしているが、お金を預かる民間事業者が破綻した場合にすぐに現金を引き出せる仕組み作りが難航している。銀行の預金保険並みの制度は事業者にとって負担が重い。万一の際に利用者を保護する安全網の設計が滞り、異業種の参入で金融業界の技術革新を促す流れを阻んでいる。」という記事がありました。

 個人的にはすごく残念です。 

2019.7.12  読書ブログ 名古屋の社会保険労務士 久野勝也

経営者必読書
「THE TEAM~5つの法則~」

最近、読んだ本を紹介します。

経営者が組織運営するための必読書だと思います。 

『THE TEAM』に記されている“良いチームづくり”のための5つの法則の中で、一番なるほどなと思ったのは、第2章 Boarding(人員選定)の法則 〜 戦える仲間を選べ〜 です。

2019.7.6 働き方改革ブログ 名古屋の社会保険労務士 久野勝也

#採用やめよう

日経新聞の全面広告「#採用やめよう」
逆転の発想”で、広告も上下逆さま

6月1日の日経新聞に出たある広告が話題になりました。

ネット上で仕事を依頼したい人と、仕事を探している人をマッチングするクラウドソーシングの大手ランサーズの広告です。人手不足に対して「採用やめよう」を呼びかけるという、“逆転の発想”ということで、広告も上下逆さまになっています。

ランサーズは広告の中で、「ネットの普及などで場所や時間にとらわれずに働くことが可能になったのに、昔ながらの労働観が根強く、柔軟な働き方や多様な人材を活かしきれていない」と指摘しています。 

画一的な採用をやめることが、人材不足という難題の解決策になるとして、書かれたこの広告は大きなインパクトがありました。

2019.06.28 働き方改革ブログ 名古屋の社会保険労務士 久野勝也

副業する覚悟はあるか?

政府の方針もあり、企業の「副業解禁」の動きは、大きく広がっています。 

副業の解禁の発端は、20181月に厚生労働省が「副業・兼業の促進に関するガイドライン」をまとめ、「モデル就業規則」から副業禁止の規定を削除したところからです。

最近では、みずほフィナンシャルグループが、2019年度の後半に、社員に副業を認めると発表しました。

既にソフトバンク、ヤフー、ユニ・チャーム、新生銀行、コニカミノルタ、サイボウズ、リクルート、メルカリ、サイバーエージェントなど多くの企業が副業・兼業を認めています。  

2019.06.21 経営ブログ 名古屋の社会保険労務士 久野勝也

権利を残す生き方。

わたしは、常々『権利は少し残しておくのが良い』と思っています。 

 

例えば、15時に、友達と待ち合わせたとします。あなたは何時にその場所に行きますか?

約束のちょっとすぎ(15時過ぎ)

②約束ぎりぎり

③約束の30分前(14時30分)

2019.06.14 経営ブログ 名古屋の社会保険労務士 久野勝也

社員に「管理職になりたくない」
と言われたらどうするか?

「管理職になりたくない」そんな社員はいませんか?

働き方改革と言う難局を乗り越えていくには、幹部、管理職の意識が高い組織である必要があります。

ただ、中小企業の経営者の多くは、社員から「管理職になりたくない」と言われたことがあるのではないでしょうか?

管理職になりたくない理由としては、

2019.06.07 働き方改革ブログ 名古屋の社会保険労務士 久野勝也

重要!!未払い残業代請求が
2年から5年に!
すべての企業にビジネスモデルの見直しを求めている。

2020年4月に民法が改正されますが、消滅時効が定められていたものが原則「5年」に統一されます。

現行の法律では、権利を行使することができる時から10年と原則的に定めており、例外的に飲み屋のツケが1年、工事の請負代金が3年、商取引によって生じた債権は5年などと職業や取引内容によって個別に時効の期間が定められていました。

これに対しては、原則的に10年とするのは期間として長いこと、現代においては、このように取引別に異なった時効期間をもうけることの合理性はないということから原則「5年」に統一しようという流れになりました。

2019.05.31 経営ブログ 名古屋の社会保険労務士 久野勝也

 さよなら!
時給が安いパートタイマー

ZOZOは、千葉県と茨城県にある物流センターでアルバイトを増やすため新たに2,000人を採用し、それに合わせて、週4日以上勤務の場合、現在の時給1,000円から3割引き上げて1,300円にすると発表しました。

アルバイトにも成果に応じて、ひと月当たり最大1万円のボーナスを6月と12月にまとめて支給するということです。

2020年の4月から大企業で、2021年の4月から中小企業で同一労働同一賃金が本格的に始まります。

過去更新分

経営に関するノウハウや、考えるべきポイントなど経営を成功させるための情報をご紹介します。

Back number

中小企業はどう「働き方改革」していくべきかを課題とし、考え方や改革方法などについてご紹介します。

Back number

代表が参加したセミナーや、とうかいで開催したセミナーについてご紹介します。

Back number

企業で働く上での考え方、働き方についてを経営者・社会保険労務士の視点でわかりやすくご紹介します。

Back number

採用に関するノウハウや、考えるべきポイントなど採用を成功させるための情報をご紹介します。

Back number

会社を成長させる人材の育て方、研修のポイントなど研修・教育に関する情報をご紹介します。

Back number

おすすめの本や読んで良かった本、日常から仕事に繋がる考え方・感じたことについてご紹介します。

Back number

その他、ジャンルに限らず皆様にお伝えしたい情報をご紹介します。

Back number

弊社へのご相談の流れ

お問合せからご相談、契約までの流れをご説明します。

お問合せ

まずは電話または問合せフォームにてお問合せ下さい。この段階では費用は一切かかりません。

対面相談(来所)

お問合せに対する回答をふまえ、面談を希望される方は弊社へご来社いただき、直接お話をうかがいます。この段階でも一切費用はかかりません。

ご契約

ご依頼内容に応じて見積もりを提示いたします。サービスの内容にご納得いただけましたら、契約となります。この段階から報酬が発生いたします。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

名古屋の社労士 社会保険労務士法人とうかいのホームページにお越しいただき、ありがとうございます。弊社は労務トラブル対応、就業規則、社会保険手続、給与計算代行を得意とする社労士事務所です。

お電話でのお問合せはこちら

052-433-7280

名古屋市を中心とした中小企業経営者の方のご相談をお待ちしております。

◆愛知県名古屋市西区牛島町5番2号名駅TKビル5F(名古屋駅徒歩8分 ルーセントタワー徒歩1分)
◆受付時間:9:00~17:00(土・日・祝を除く)

無料相談実施中

お電話でのお問合せはこちら

052-433-7280

フォームでのお問合せは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください!

社会保険労務士
はじめてガイドブック

社会保険労務士とはどんな仕事なの?
いったい何を頼めるの?
社会保険労務士の選び方は?
「はじめて」ではなくても参考になる社会保険労務士はじめてガイドブック(労務リスクチェックリスト付)を無料でダウンロードいただけます。

社会保険労務士
はじめてガイドブック

社会保険労務士とはどんな仕事なの?
いったい何を頼めるの?
社会保険労務士の選び方は?
「はじめて」ではなくても参考になる社会保険労務士はじめてガイドブック(労務リスクチェックリスト付)を無料でダウンロードいただけます。