組織を成長させる経営者ブログ 袖触れ合うも他生の縁(久野勝也)

新着ブログ

2019.09.20 経営ブログ 名古屋の社会保険労務士 久野勝也

実験都市多治見
 アマゾンがはじめる置き配とは?

 置き配、この言葉をご存知ですか?

9月11日にAmazonがある発表をしました。

岐阜県多治見市で「置き配指定サービス」の利便性や効果を検証する実証実験を行います。

10月から11月までの約1か月間、岐阜県多治見市に届けるAmazonの商品を「置き配指定サービス」を標準の配送方法として、在宅・不在に関わらず、指定の場所に商品を届けるというものです。

2019.09.13 経営ブログ 名古屋の社会保険労務士 久野勝也

ネットリテラシーの低い経営者が
会社を潰す!

 「夫が育休明け早々転勤命令が出て、退職することになった」という大手化学メーカーのツイッター炎上のニュースは、皆さんも記憶に新しいのではないでしょうか。

 この炎上トラブルにより大手化学メーカーは時価総額627億円を一夜にして失いました。会社としては法律的に問題のない対応をしていたかもしれませんが、結果としてSNSで炎上したことにより、大きな問題となりました。

2019.09.06 働き方改革ブログ 名古屋の社会保険労務士 久野勝也

利益目標だけでは足りない。
5年後の生産性計画を立てる。
~利益を出している会社の生産性が高いとは限らない~

 「利益が出ていること」と「生産性が高い」とは全然違います。

「利益を出す」これは、経営者としては当たり前のことです。

ただ利益が出ている会社の生産性が高いかと言われれば必ずしもそうとは限りません。

 経費を削減し、やるべきではありませんが、賞与を削れば利益は増えます。それはごくごく当たり前の話で、ざっくりいえば売上から経費を引いたものが利益だからです。

 では、生産性の高い会社とはどんな会社でしょうか?

2019.08.30 経営ブログ 名古屋の社会保険労務士 久野勝也

人手不足は本当か?
時給5000円出しても人が来ないのか?

時給5,000円出しても人が来ないのか?一体いくらの時給だったら人が来るのか?

 明確な答えを持っている経営者は少ない。

2019.08.23 働き方改革ブログ 名古屋の社会保険労務士 久野勝也

「なんちゃって働き方改革」の末路

「働き方改革」という風潮の多くの経営者がノー残業デーで早く帰らしたり、年間休日を増やしたりしています。 それはそれで良いことなのですが、「なんちゃって働き方改革」になっているケースが多いと感じます。

 「ノー残業」で、社員が早く帰っていくのをみて、「あー、うちの会社も働き方改革ができてきたな~」と感じた経営者は要注意です。

 なぜなら、働き方改革は早く帰らせるといったことを要求している改革ではなく、会社の根本的な生産性を上げろという改革だからです。

2019.08.16 経営ブログ 名古屋の社会保険労務士 久野勝也

人気サービスエリアでの
ストライキから学ぶこと

「東北自動車道・上り線の佐野サービスエリアで、この稼ぎ時に従業員と会社のトラブルで休業状態に。」というニュースが流れてきました。

運営会社の経営陣と従業員とのトラブルをきっかけに、従業員がストライキを起こして店舗運営ができなくなってしまったようです。

店舗の前には貼り紙がしてあって、「佐野SA上り運営会社ケイセイ・フーズ岸敏夫社長の経営方針にはついていけません。」などと書かれています。

2019.08.09 働き方改革ブログ 名古屋の社会保険労務士 久野勝也

「生産性」と「効率性」の違い

働き方改革という時流の中で、多くの経営者が「生産性」を上げなくてはいけないと言っていますが、多くの現場では「生産性」と「効率性」がごちゃ混ぜになっています。

生産性は下記の公式で表されます。

生産性の公式は、アウトプット÷インプットですので、1日2個作れたものが1日4つ作れるようになれば生産性は2倍になります。

では、効率性とは何でしょうか?

2019.08.02  働き方改革ブログ 名古屋の社会保険労務士 久野勝也

最低賃金1,000円時代を乗り切る一つのカギ

マクドナルドがモバイルオーダーを開始しました。 

席に座ってスマホでオーダーをすると席に商品を持ってきてくれます。 

これによりマクドナルドはレジスタッフを減らすことができます。

2019.07.26  採用ブログ 名古屋の社会保険労務士 久野勝也

中小企業のインターンシップ戦略

マイナビは23日、2021年卒の学生を対象に実施した「2021年卒マイナビ大学生インターンシップ前の意識調査」の結果をまとめ発表しました。

それによると、今年6月の調査以前に既にインターンシップを経験したことがある学生は23.8%で、5人に1人が「参加経験あり」で、しかも現在の状況については、6月末時点で、77.0%の学生が応募以降の過程に進んでおり、インターンシップイベント(インターンシップに興味がある合同説明会等)には64.9%(前年53.6%、前年比11.3pt増)が「参加済み」と回答。夏のインターンシップ参加に向けて学生は昨年以上に早く動き出していることが分かります。

2019.07.19  経営ブログ 名古屋の社会保険労務士 久野勝也

給与支払いは月払いから時間払いへ

日経電子版より

先日、日経新聞に「デジタルマネーで給与を払えるようにするための規制緩和が遅れている。政府は2019年度の実現をめざしているが、お金を預かる民間事業者が破綻した場合にすぐに現金を引き出せる仕組み作りが難航している。銀行の預金保険並みの制度は事業者にとって負担が重い。万一の際に利用者を保護する安全網の設計が滞り、異業種の参入で金融業界の技術革新を促す流れを阻んでいる。」という記事がありました。

 個人的にはすごく残念です。 

過去更新分

経営に関するノウハウや、考えるべきポイントなど経営を成功させるための情報をご紹介します。

Back number

中小企業はどう「働き方改革」していくべきかを課題とし、考え方や改革方法などについてご紹介します。

Back number

代表が参加したセミナーや、とうかいで開催したセミナーについてご紹介します。

Back number

企業で働く上での考え方、働き方についてを経営者・社会保険労務士の視点でわかりやすくご紹介します。

Back number

採用に関するノウハウや、考えるべきポイントなど採用を成功させるための情報をご紹介します。

Back number

会社を成長させる人材の育て方、研修のポイントなど研修・教育に関する情報をご紹介します。

Back number

おすすめの本や読んで良かった本、日常から仕事に繋がる考え方・感じたことについてご紹介します。

Back number

その他、ジャンルに限らず皆様にお伝えしたい情報をご紹介します。

Back number

弊社へのご相談の流れ

お問合せからご相談、契約までの流れをご説明します。

お問合せ

まずは電話または問合せフォームにてお問合せ下さい。この段階では費用は一切かかりません。

対面相談(来所)

お問合せに対する回答をふまえ、面談を希望される方は弊社へご来社いただき、直接お話をうかがいます。この段階でも一切費用はかかりません。

ご契約

ご依頼内容に応じて見積もりを提示いたします。サービスの内容にご納得いただけましたら、契約となります。この段階から報酬が発生いたします。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

名古屋の社労士 社会保険労務士法人とうかいのホームページにお越しいただき、ありがとうございます。弊社は労務トラブル対応、就業規則、社会保険手続、給与計算代行を得意とする社労士事務所です。

お電話でのお問合せはこちら

052-433-7280

名古屋市を中心とした中小企業経営者の方のご相談をお待ちしております。

◆愛知県名古屋市西区牛島町5番2号名駅TKビル5F(名古屋駅徒歩8分 ルーセントタワー徒歩1分)
◆受付時間:9:00~17:00(土・日・祝を除く)

無料相談実施中

お電話でのお問合せはこちら

052-433-7280

フォームでのお問合せは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください!

メルマガ登録はこちら

最新の人事・労務ニュースに加え、就業規則などのお役たち情報、当社開催のセミナー情報などフレッシュな情報をお届けします。社労士ならではの視点で最新のニュースや時事ネタを捉え、労働法を織り交ぜて分かりやすく解説します。

人事労務
お役立ちガイドブック

とうかいで過去に実施したセミナー資料や社会保険労務士について解説をしてある「社会保険労務士はじめてガイドブック」など人事労務のお役立ち資料がダウンロードいただけます。

メルマガ登録はこちら

最新の人事・労務ニュースに加え、就業規則などのお役たち情報、当社開催のセミナー情報などフレッシュな情報をお届けします。社労士ならではの視点で最新のニュースや時事ネタを捉え、労働法を織り交ぜて分かりやすく解説します。