人事労務お悩み相談所
~人事・労務でお悩みの方へ~

社会保険労務士法人とうかいでは、これまでにたくさんの中小企業へ人事労務に関するサポートを行ってまいりました。
このページでは、皆様からいただいたご質問、お悩みの中でも、特に多くお聞きするものについてまとめております。

個々の企業さまで状況は異なることかと思われますが、考え方の基本となる部分は共通していることがよくあります。
人事・採用の専門家として、わかりやすくご説明しておりますので、ぜひご参考になさってください。

pick up contents

現代の日本では、採用難に悩む会社が増えています。
労働人口が減り続けている日本では、いつ自分の会社が採用難に陥ってもおかしくない状況にあります。採用難を防ぐには、事前に原因をきちんと理解しておかなければなりません。

いい人材が欲しいのは大手企業も中小企業も同じです。
しかし、中小企業は大手企業に比べると新卒採用はもちろん、中途・転職採用でも希望するような人材を確保するのに苦労することが多いかもしれません。

「Indeed」は、今までにない仕事の探し方として注目されている求人検索エンジン。何が今までと違うのか? 従来のネットを介した求人サービスは、大きく求人媒体と人材紹介会社が運営する求人サイトなどに分かれますが、「Indeed」はそのどちらにもない、求人のみに特化した検索エンジンというのが、その特徴です。検索エンジンとして思い浮かぶGoogleやYahoo!。GoogleやYahoo!などの検索エンジンは、インターネットの情報の中から、キーワードに基づいて欲しい情報を検索していきますが、「Indeed」の場合には、それが求人情報のみに限定されて検索されてきます。

Indeedの求人掲載方法はどうすればいいの?Indeedは今までにない仕事の探し方として注目されています。インターネット上にあるさまざまな求人情報が検索・表示可能になるサービスです。Indeedに求人掲載をする方法はひとつではありません。直接投稿と言われるIndeedに直接求人を掲載する方法だけではなく、Indeedに求人サイトをクロールさせるやり方を解説します。

“求人広告を出したが思ったほど応募者がいない“”応募者は多いものの、ターゲット人材となる層へのアプローチができない“など、時間や費用をかけて求人広告をだしたものの、採用につながらないという悩みを抱えている企業も多いはず。求職者は求める求人広告はどのようなものでしょうか? 求人広告に掲載するためのすべての項目を書いているのは大前提。でも、しっかりすべての項目を網羅しているからといって、応募が思うように伸びない場合もあります。

インターネット上にあるさまざまな求人の情報が、網羅的に検索できるのが特徴。求職者が「キーワード」と「勤務地」で検索をかけることで、あらゆる求人を検索し、閲覧が可能となるサービスです。世界NO.1の求人検索エンジンともいわれるIndeedは、求職者に対して高確率でリーチすることが可能。従来の求人サイトとは違い、まずは無料プランからスタートできるのも魅力。今回は、無料・有料の違いをはじめとしたIndeed活用術をご紹介します。

人材・採用でお困りの経営者さまへ

お電話いただければ、すぐにお応えいたします。
TEL:052-433-7280  平日9:00~17:00(土日祝除く)

無料相談実施中

お電話でのお問合せはこちら

052-433-7280

フォームでのお問合せは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください!